Skip to content
 

名刺入れの正しい使い方を教えます

名刺入れの正しい使い方をご存知ですか?普段はジャケットの内ポケットに収めてすぐ取り出せるようにしておいたり、不格好にならないように中の名刺をこまめに整理するなどして相手に良い印象を持ってもらえるようにしておきましょう。

名刺入れは、いつどこで必要になっても構わないように無難でシンプルなデザイン・サイズのものを選ぶのが基本です。ジャケットの内ポケットなどにスッと収まるものを選び、名刺交換の際に手間取って相手を待たせたりする事のないようにしましょう。名刺交換後、そのまま着席して商談などに入り、テーブルに名刺を並べておくような場面では「名刺と一緒に自分から見て左側に置いておく」のが正しいとされています。名刺交換後にすぐしまう場合なら、相手に一礼してから受け取った名刺を名刺入れに収め、さらにそれをジャケットの内ポケットか鞄などにしまいましょう。内ポケットや鞄がない場合は胸ポケットなどでも構いませんが、ズボンのポケットに入れてしまうのはマナー違反と見られます。

そして受け取った名刺の整理ですが、これは名刺入れの小さなポケットに一旦は収め、数が増え過ぎて名刺入れがパンパンに膨らむ前にファイルやホルダーなどを使って整理するようにしましょう。また自分の名刺につては取り出しやすいように名刺入れの大きなポケットを使い、常に20~30枚は持ち歩いておくのが理想的です。ただし収納限界までギチギチに詰めておくと名刺交換の際に取り出しにくくなるので注意が必要です。

名刺作成なら【名刺21】

コメントをどうぞ

(必須)