Skip to content
 

ソーシャルメディア広告について

ソーシャルメディア広告は今後とても有効な手段ですが数多くの選択肢があります。手軽に始められるのが特徴と言えど、効果的でないものにコストを払うのは勿体ないと思いませんか?先ず始める前に何を目的としてどんな商材をどの層に届けたいのかを決めてそれに見合うソーシャルメディアを調べてみましょう。

ソーシャルメディア広告の最大の利点は「ターゲッティング出来る」と言うことです。

様々なソーシャルメディアは独自のアルゴリズムを活用する事で年齢・性別・職業など様々な条件から狙った層へと広告する事が可能となります。

Facebook、Twitter、Instagram、LINEなどを始めとしたSNSは現在日本国内で利用者7000万人を超えいます。

ソーシャルメディア広告は手軽に行えて経費も安いのが特徴で、やり方次第ではとても効果的です。

ですがSNSを用いた広告では注意点もあります。

それぞれSNSでは利用者層が異なるので商材にあったSNSを選ばなくては効果が見込みにくいです。

例えばFacebookは世界的にみると利用者が多いですが日本国内ではTwitterやInstagramの方が利用者が多く、利用年齢層も高めです。

費用においてTwitterでは広告費用は一次拡散にかかるので、二次拡散が広まれば広まる程広告の費用対効果は上がります。

この様に今後更に活用の場面が広がるソーシャルメディア広告を、如何に使いこなして行くかが今後の商戦の鍵となると言えます。

WebConsulting.jp

コメントをどうぞ

(必須)