Skip to content
 

ダイヤモンドの4Cについて

みなさんはダイヤモンドの価値は4Cで決まるという事をしっていましたか?4Cって?と思っている人の為に説明したいと思います。

ダイヤモンドの4Cとは品質などの事を表す言葉になります。4Cを細かく説明するとカラット・カット・カラー・クラリティの事をいいます。

まずは、カラットとはダイヤモンドの重さになります。大きさと勘違いしている人も多いかもしれませんね。もちろん大きければ大きいほどダイヤモンドの価値は上がります。

そしてクオリティは透明度になります。キズや欠けがないか性質やどこで発掘されたのかというのもクオリティになります。透明度が高ければ高いほど高い鑑定になります。

カラーですがダイヤモンドは無色透明、無色、少し黄色い、薄い黄色、黄色の順で評価されます。透明であればあるほど価値が高くなります。ですが、赤やピンクダイヤモンドなどもありますよね。黄色を超える色はファンシーカラーとして価値が透明よりも高いダイヤモンドもあります。

最後はカットです。カットのプロポーションや技術をチェックされます。ダイヤモンドの輝きを際立たせているカットであれば高い評価になります。

ダイヤモンドをお持ちのみなさん、あなたのダイヤモンドの4Cはいかがですか?

コメントをどうぞ

(必須)